HOME > ワーク&ライフ・インターンへの第一歩 まずはスタートナビに申し込もう!

ワーク&ライフ・インターンへの第一歩 まずはスタートナビに申し込もう!

メルマガ


 

ワーク&ライフ・インターンとは?

スタートナビへの参加

ワーク&ライフ講座

子どもをみてほしいご家庭の方へ

スリールについて   スリール株式会社|自分らしいワーク&ライフの実現へ。

講演会・取材の依頼

スタートナビ(説明会)を随時開催中です。ワーク&ライフ・インターンの詳しい話しはもちろん、自己分析ワークショップなど、インターンの内容を体験することができます。「インターンやりたい!」という方はもちろん、「ちょっと聞いてみたいだけ・・・」という方も大歓迎です。

インターンレポートbtn
開催内容(約1時間半)
  • 自己分析型ワークショップ
  • ワーク&ライフ・インターンとは?
  • 体験談を聞いてみよう
  • 実際の様子をVTRにてご紹介
  • 個別相談会
お気軽に参加いただけます
  • 普段着でOK
  • 直前まで申し込み可能
  • 経験者に会える
  • 少人数限定で詳しく聞ける
エントリーのチャンスは年3回!
startnavi_14
参加者の声
  • 社会人ではなく、学生の内にするべきことだと強く感じました! 
  • ワークショップで、「なりたい姿」を具体的に描くことができた!
  • 自分が行動することが、社会問題の解決になると知り、このインターンを実施する社会的な意味が分かった。
  • サポートがしっかりしていて、安心して始められそう!
ワークライフスタートナビを申し込む
Q&A

Q1.お金はかかるの?

インターンシップへの参加費用はかかりませんが、事前に研修費3,000円、保険加入費300円などをいただいています。また、体験プログラムにかかる交通費は支給されます。

Q2.子どもと接したことがないけど大丈夫?

大丈夫です。インターン前から育児経験のある学生はほとんどいません。インターン開始前の研修や先輩からの引き継ぎ、ご家庭の方からのアドバイスなど、多くのサポートがあるので、安心してください。

Q3.他の活動との両立はできるの?

インターンは平日夜がメイン。土日の活動も月に1回程度です。平日の日程はご家庭の方との調整も可能なので、今までのインターン生も大学の勉強・サークル・バイト・就職活動と両立している人がほとんどです。

Q4.1年生ですが参加できますか?

ワーク&ライフ・インターンは、1年生から大学院生まで、どなたでも参加することができます。1年生であれば、早くから将来について目標を描くことができその後の大学生活を充実させることができます。また、4年生であれば社会に出る前の準備をすることができるなど、学年問わず、学びが多いプログラムとなっています。

Q5.男子でもインターンに参加できますか?

男子学生は少ないですが、もちろんいます。長期育休を取得したイクメンによる育児講座や、仕事で活躍するパパさんや男性の社会人メンターの方のお話も聞けます。

Q6.合宿や旅行の予定が決まってしまっています・・・

原則プログラムには全て参加必須になります。しかし、土日の活動は月1回程度であるため、まずは参加希望クールのプログラム日程と被っていないか、スタートナビ(説明会)で確認してみて下さい。 

Q7.どうやってエントリーするの?もっと詳しい話を聞きたい!

無料説明会”スタートナビ”にお越しください。→スタートナビ(説明会)へお越し下さい。

Q8.受け入れ家庭はどんな家庭があるの?

受け入れ家庭は、東京都・神奈川県を中心に、20家庭あります。お子さんの年齢は、2歳から小学校4年生までと幅広く、パパさんママさんの職業も、メディア、人材、メーカー、ITなど多岐にわたります。スタートナビでは、ご家庭の詳しい情報を聞くことができます。

Q9.メンター制度とはなに?

メンター制度とは、インターン生1人ひとりに専属の社会人メンターがつき、インターンに限らず、相談をすることが出来る制度です。人事担当者の方や、コーチングスキルを学んだ方など、経験豊富な若手社会人と、月に一回お茶をしながら、気軽にお話してみてください。

説明会会場


スリール株式会社

東京都港区北青山2-7-26 2階
-『外苑前駅』徒歩2分
-『青山一丁目駅』徒歩9分
-『表参道駅』徒歩11分

《行き方》

『外苑前駅』3番出口より徒歩2分の好立地にあるCROSSCOOP青山オフィスへのアクセスには、東京メトロ銀座線『外苑前駅』だけでなく、東京メトロ半蔵門線・銀座線/都営大江戸線『青山一丁目駅』のほか、千代田線・半蔵門線『表参道駅』も徒歩圏内です。

エレベータで2階に上がります。

受付で「スリール株式会社」を問い合わせていただくか、内線で「427」をお問い合わせください。

 

Aoyama_access_MAP_151105
 

このページのトップへ