イベントレポート

【開催報告】ワーク&ライフ・インターン19期生 最終プレゼンテーション会

2017.03.03sourire staff

2月25日(土)に19期生最終プレゼンテーション会がサイボウズ株式会社で開催され、インターン生のご家族やお子さん15名を含む受け入れ家庭の皆様に沢山いらしていただき、総勢160名の方にご参加いただきました。
本当にありがとうございました!!

2016年11月~2017年2月までインターンを経験した19期生がワーク&ライフ・インターン4ヶ月間で感じた変化や成長、また10年後の理想の社会に対して自分たちが今できることを提案しました。

 


◆第一部◆
★活動報告
19期のリーダー2人から、4ヶ月前は自信のなかった40人が、自分や将来と向き合い、社会について学び、色々なご家庭の多様性を知ったことで、ありのままの自分で自ら挑戦する勇気を持つことができた成長を発表してくれました。

★個人発表
インターン生40人から選ばれた2名が、それぞれ個人の成長を発表してくれました。ペアやお子さんと向き合ったり、社会人との関わりが、大きなターニングポイントとなったようです。インターンを通して過去の自分を振り返り、自分の軸を見つけ、夢に向かって諦めない決意をしてくれました。涙をこらえる場面もあり、とても心に響いた発表でした。

◆第二部◆
★チームでのプレゼン発表
「子育て体験をした大学生だからこそ、10年後の理想の社会のために今できること」をテーマに4人1チームとなり、共働きの子育て家庭でインターンした経験から感じた課題を解決する提案をしました。

代表で発表した3チームをご紹介します。

◎「ふれあう!にっこり!キッズカラー」
家庭のあり方・子どもの個性は様々。多様な人生を受け入れ、尊重できる親で溢れた社会にするため「キッズカラー」を提案しました。これから親になる妊婦さんに子育て実感プログラムに参加してもらうというものです。実際に実験調査も行っていて、得た情報に裏付けされた素晴らしいプレゼンでした!

◎「サラバ思い込み!しやひろワークショップ」
将来を考えることに関心が薄かったり、やりたいことを見つけられていない大学生が多いことを課題と感じ、興味がないと思い込み興味の幅をシャットダウンしない『サラバ思い込み!しやひろワーク』を提案しました。実際にワークショップを取り入れ会場全体を巻き込んだ素敵な発表でした!

◎「ストップ!~小学生が加害者にならないために~」
お預かり中お子さんが乗る自転車が危ないと感じ、そこから『KSK自転車』を提案しました。”KSK”とは、『K:加害者に S:させない K:機能付き自転車』の略だそうです! 自転車には、一定速度を超えると音で知らせてくれたり、正面から人が来たら自動ブレーキで止まる機能などがついています。実際にイメージ動画を流しながら発表してくれました!

代表以外のチームは各ブースに分かれて提案を発表しました。学生の提案に対して、「実現するためには何が必要か」「もっとこんな視点から見たらどうか」「ぜひ実現してほしい!」などワークセッションが行われました。


インターン生の熱いプレゼン、社会人の方々の熱い議論だけでなく、元気な子どもたちの笑顔が見ることができた、スリールらしい温かい会でもありました^^

<スリール株式会社>
HP:http://sourire-heart.com/
学生向けFacebookページ:www.facebook.com/sourirecollegepage

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、群衆、室内

メールマガジン
のご登録

© sourire. All Rights Reserved.