ライフキャリア教育事業

大学や行政や企業のプログラムとして
仕事と子育てをリアルに学ぶ
キャリア教育を導入しませんか?

大学・行政・企業で
ワーク&ライフ・インターンを
導入したい方へ

ワーク&ライフ・インターンとは?

大学生が「働くこと」、「家庭を築くこと」を学び、実際に体験することで、
自分のなりたい姿を描くことができる
仕事と育児の両立体験プログラムです。

  • 経済産業省
  • CAREER EDUCATION AWARD

※2015年経済産業省主催「第5回キャリア教育アワード」で優秀賞を取得しました

大学・行政・企業での導入事例

  • 津田塾大学での導入事例

  • 京都府での導入事例

ワーク&ライフ・インターンの仕組み

企業で働く子育て中の社員の家庭で、大学生が子育て体験を行います。
仕事と子育てのリアルを体験することで、将来の長期的なキャリアを考えていきます。

プログラムの流れ(プログラム期間:2ヶ月間/参加は8日間~)

大学や行政や企業で導入いただいた際の、ワーク&ライフ・インターンのおもな流れです。
2ヶ月の期間中、計8日間実施するというスケジュールです。

プログラムスケジュール(8日間)

  • オリエンテー
    ション:1日

    ■体験内容のオリエンテーションを実施
    ■参加希望者の顔合わせ

  • 講座:2日
    両立
    キャリア講座

    ■座学とワークショップを組み合わせ、ロールプレイを交えて、自身の課題や今後の方針について見出します。

  • 体験:2日
    子育て体験

    ■受け入れ家庭にて子育て体験を行います。
    ■平日の夕方~夜に2回実施(予定)

  • フォローアップ
    :2日

    ■子育て体験での学びを振り返り、プレゼンの骨子をまとめます。
    ■プレゼンのリハーサルを行います。

  • 発信:1日
    最終プレゼン
    テーション

    ■プログラム全体を振り返り、気づきや学びをまとめ、プレゼン形式で発信。

    例: キャリア観の変化 / 10年後の会社を変えるアイディアプレゼン

ワーク&ライフ・インターン実施例

日数:

6日間
- 講座プログラム: 2日(6時間×2回)
- 体験プログラム: 2日
- 課題解決プログラム: 2日

実施内容:

京都府の企業と大学をつなぎ、子育てしながら働き続けられる人材と環境を創出。若者の長期的なキャリアビジョン形成に寄与しながら、企業の子育て中社員の就労継続を促す、サスティナブルな地域の仕組みを目指す。

- 参加者: 京都府内大学 6大学14学生
- 応援企業(受け入れ家庭): 京都府内企業 5企業7家庭
- 目的: 自分のキャリアとライフについて考える
- 導入実績: 京都府、栃木県、文京区、千葉大学、清泉女子大学、津田塾大学、神奈川大学

子育てインターン実施例

17:50 ご家庭の最寄り駅で親御さんと待ち合わせ
18:00 保育園お迎え
18:30 帰宅
19:00 ごはん、遊び
19:40 お風呂
20:45 体験終了
体験後 ご家庭の方へのヒアリング

実際の仕事と子育ての両立を体験しながら、パパママにヒアリング実施

メディア

■TV テレビ東京「ガイアの夜明け」/TBS「News23」「Nスタ」/NHK「おはよう日本」「ニュースウォッチ9」/日テレ「news every.」
■新聞 日経新聞/朝日新聞/読売新聞/共同通信/京都新聞/奈良新聞/千葉日報
■雑誌・web 日経WOMAN/日経DUAL/PRESIDENT WOMAN/AERA/日経BP/The Huffington Post/Woman type
など、他多数(2018年3月現在)

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

よくある質問

Q1. リスク管理はどのようにしていますか?
ボランティア保険やインターンシップ保険など、大学のカリキュラムに合わせた保険に加入しています。そのため、もしも事故を起こしてしまったり、事故にまきこまれた場合にも対応が可能です。また、子育てインターンは親御さん同伴のなかで「2人体制」で行うので、よりリスクが低い状況で実施ができます。
Q2. 1−2年生でもインターンは可能ですか?
1年生から大学院生まで、どなたでも参加できる内容です。1年生であれば、早くから将来について目標を描くことができ、その後の大学生活を充実させることができます。また、4年生であれば社会に出る前の準備ができるなど、学年問わず学びが多いプログラムとなっています。
Q3. 受け入れ家庭はどんな家庭がありますか?
スリールの受け入れ家庭で実施する場合は、東京都・神奈川県を中心とした30家庭が対象になります。受け入れ家庭のお子様の年齢は2歳から小学校4年生までと幅広く、パパさんママさんの職業も、メディア・人材・メーカー・ITなど多岐にわたります。企業様とのコラボなどで実施する場合は別途相談をさせていただきます。
Q4. 男子でもインターンは可能ですか?
もちろん可能です。4ヶ月のワーク&ライフ・インターンではおよそ2割ほど、授業の場合は半数が男性になる場合もあります。男女ペアで子育てインターンを実施するので、男性の数が半数までであれば実施が可能です。
Q5. 子どもと接したことがない学生でも大丈夫ですか?
インターン前から育児経験のある学生はほとんどいません。インターン開始前の講座の中で、子どもとの接し方や安全確保についての講義を行っています。また、ご家庭の方が同伴なので、アドバイスが得られる環境です。最初子どもが苦手だった子も、終わる頃には大好きになっています。
Q6. 大人数の受け入れは可能ですか?
最大で34名まで受け入れが可能ですが、人数に応じてサポート体制を強化するために実施料金が高くなります。ただ、少人数だったとしても、参加学生の効果が高いため、最終プレゼンテーションで他の生徒に発信をしたり、マスメディアにも取り上げられることも多いため、多くの学生に広め、伝えることも可能です。

メールマガジン
のご登録

© sourire. All Rights Reserved.