お知らせ

【参加者募集】1/25(土) 三重県『仕事と家庭の両立体験プログラム』最終プレゼンテーション

現在三重県で行われている厚生労働省「令和元年度三重県地域活性化雇用創造プロジェクト」採択事業『仕事と家庭の両立体験プログラム』の学びの集大成となる最終プレゼンテーションを1月25日(土)に実施致します。

2020.01.08sourire staff

 

このプログラムは「三重で働きながら子育てすること」を体験的に学ぶことを通して、自らのライフデザイン・キャリアデザインの中で、子育て期等における就労継続に対する理解を深めることを目的としています。

今回は、三重大学・名古屋大学・名古屋工業大学から8名の大学生(女性6名・男性2名)が集まりました。

>事前研修会の様子はこちらから

>振り返り会の様子はこちらから

 

三重県の企業での就労体験と、その企業で働く子育て中の家庭での子育て体験を通して、参加学生が自身のライフとキャリアに真剣に向き合った3か月。その集大成として、参加学生たちが「両立体験プログラムから学んだこと」、 「仕事と家庭の両立の課題と解決への提言」を発表いたします!

 

■最終プレゼンテーション報告会|2020年1月25日(土)に実施‼

なんと!今回は参加学生による発表を含めたシンポジウムとしての開催となります。

誰もが働きやすい職場についてのトークや、各企業における働きやすい職場づくりの取り組み紹介、さらに、企業の人事・労務担当者、子育て中の方、学生などを交えた「自分らしく
働ける職場づくり」についての意見交換を行います。

様々な立場の多様な視点から、仕事と家庭の両立の在り方について考える機会となります。

ぜひご参加ください!

 

シンポジウム
「仕事も家庭も自分の時間も」
~自分らしく働ける環境とは?仕事と家庭の両立の在り方を考える~

[開催概要]
第1部|トークセッション「働き続けられる職場、ずっと働きたい職場」

登壇者
・徳倉 康之 氏   株式会社ファミーリエ 代表取締役社長
・松浦 信男 氏   万協製薬株式会社 代表取締役社長
・堀江 敦子 氏   スリール株式会社 代表取締役

「わが社の両立支援の取組紹介」
仕事と家庭の両立体験プログラム受入企業による取組紹介

 

第2部|仕事と家庭の両立体験プログラム報告会

プログラム参加学生による成果・提言報告

 

第3部|意見交換会「自分らしく働ける環境づくり」

多様な立場から「自分らしく働ける環境づくり」について意見交換

 

 

▼詳細・参加申し込みはこちら

シンポジウム「仕事も家庭も自分の時間も」の参加者を募集します

【シンポジウム申込フォーム】三重県電子申請システム

 


スリールでは、大学や行政のプログラムとして、ワーク・ライフ・インターンを実施しています。
大学生に対して、ワークとライフを合わせた、将来を考える場を提供しています。

▼インターンについて詳しく知りたいという方は
「ライフキャリア教育事業」のページをご覧ください

▼大学・行政にプログラムを導入したいという方は
こちらのページをご覧ください。

▼講演会を依頼したい方は
こちらからお問い合わせください。

▼取材を依頼したい方は
こちらからお問い合わせください。

メールマガジン
のご登録

© sourire. All Rights Reserved.