お知らせ
お知らせ

2025年「子育て体験」全国の高校大学へ。クラウドファンディングに挑戦します。

スリール株式会社は、2019年5月15日より若者が共働き家庭で子育て体験をし、仕事と子育ての両立を学ぶキャリア教育プログラムを全国展開するための資金を集めるため、国内最大のクラウドファンディングサービス「Readyfor」を通じて資金を募集致します。

2019.05.15sourirestaff

2055年には、出生率が「1.29」まで低下し、日本の人口は1億人を切ると言われています。労働力が減少し、少子高齢化の一途をたどる日本。多くの人が自律的に働き、子どもを産みたい人が産める社会にしていく事が必要な状況です。一方で若者の71.2%が働くこと・将来に不安を抱え、92.7%が仕事と子育ての両立に不安を抱えています。

情報ばかりが先行し、関わりが固定化し、保守的になっていく。大人になること・社会に出ることに極端な不安を感じ、前向きに踏み出せずに、苦しんでいる学生に多く出会います。

現代、大学生の71.2%が将来が不安だと感じています。仕事について、子育てについて、社会情勢について、リアルな情報がないことにより、不安が増大して行っています。

スリール株式会社は、そんな若者が不安を払拭し人生選択を前向きにしていくため、2010年より、子育て中の共働き家庭で大学生が子育て体験を行い、「働くこと」「家庭を築くこと」を実際に学び、体験することで、自分のなりたい姿を描くことができる「仕事と育児の両立体験プログラム(ワーク&ライフ・インターン)」を、提供しています。過去1000名の大学生が体験をし、また近年では同志社大学や神奈川大学をはじめとした大学6校、お茶の水女子大学附属高等学校、そして京都府や愛知県などの行政でも本プログラムが導入されています。

本プログラムは、2018年度文科省の単年度の採択プログラムにもなりました。しかしながら、実態として実施できている学校は少なく、多くの高校大学が導入する上で、運営資金が必要です。これから波及させていくことにより、当たり前の教育としていきたいと考えています。

 

●今回のクラウドファンディング関して

この子育て体験を通した教育プログラムを、大学・自治体に本格的に導入するためには、運営資金が必要です。特に導入1年目は予算がなく、スリール側が無償で提供することも少なくありません。今回は、この運営資金を集めるクラウドファウンディングです。効果の高さから、導入した学校は、その後も継続して実施をするようになります。将来に対しての漠然とした不安を抱える全国の若者たちを救うためにも、プログラムの全国に広げていくためのプロジェクトです。

 

●クラウドファンディングの詳細

・プロジェクトタイトル⁚
 「若者に前向きな人生選択を。「子育て体験」を全国の高校大学へ」

・URL⁚https://readyfor.jp/projects/sourire

・目標金額⁚500万円
・募集期間⁚2019年5月15日(水)〜2018年7月19日(金)23時
※ALL or Nothing形式のため期間内に目標金額に達成しなかった場合は支援者に全額返金となります。

・使用プラットフォーム:クラウドファンディングサービス「Readyfor」

今回、このプロジェクトにご賛同頂きご支援頂いた皆様には、スリールオリジナルTシャツ、イベント参加チケットなど、各種「リターン」をご用意してございます。上記サイト内をご覧ください。


スリールでは、大学や行政のプログラムとして、ワーク・ライフ・インターンを実施しています。
大学生に対して、ワークとライフを合わせた、将来を考える場を提供しています。

 

▼インターンについて詳しく知りたいという方は
「ライフキャリア教育事業」のページをご覧ください


▼大学・行政にプログラムを導入したいという方は
こちらのページをご覧ください。

 

▼講演会を依頼したい方は
こちらからお問い合わせください。

▼取材を依頼したい方は
こちらからお問い合わせください。

メールマガジン
のご登録

© sourire. All Rights Reserved.